株式会社筑波進研 採用TOP
筑波進研スクールウェブサイト

創立30年、埼玉県内に33教室を展開、子どもと本気になれる地域塾「筑波進研スクール」を運営

正社員・契約社員 地域No.1を目指し全社員が本気です。

募集要項-応募はこちら

こだわりの教室づくり   小中一貫教育の公立高入試指導   親睦を深める社員交流   本気で向き合う社員の声   未経験者も安心の研修制度

本気で向き合う社員の声

嫌われることを恐れずに受け身から抜け出した日
「嫌われることを恐れていたら、気持ちは伝わらない」
教室長になって1年目のことです。教室を運営していく上で、まずは生徒とのコミュニケーションを大切にしようと思いましたが、私からの一方通行で生徒との関係は上辺だけの薄いものしか作れず、苦しい思いをしました。そんなとき、上司に相談したところ、「まずは生徒一人ひとりをしっかり見ること。いっぱい褒めてちゃんと叱る。嫌われることを恐れていたら生徒に気持ちは伝わらない。」と指導を受けました。

心を鬼にして叱る

それを聞き、私は受け身だったことに気づかされ、もっと積極的に自分を表していきました。本気で叱る場面もたくさん出てきて戸惑いましたが、生徒のためにと思い心を鬼にして指導したこともあります。「今までの先生とは違う。」そんな声も聞こえるようになりました。それから徐々に、授業がない日でも生徒が自習に来てくれるようになりました。夜遅くまで長時間いる生徒や、入試直前には学校からそのまま塾に来る生徒もたくさんいました。「筑波は生活の一部だから」と言ってもらえたときには、何とも言えない嬉しさがこみ上げてきました。
写真

「先生がここにいてくれて良かった!」
さらに嬉しい出来事は、一生懸命塾で勉強していた上級生を見た下級生が、同じ行動を取り始めたことです。1年後には教室が生徒でいつもいっぱいになり、活気が出ていました。「先生がここにいてくれて良かった。」と言われたときは、教室長として認めてもらえたのだと思い、本当に嬉しくて自然と涙が出ました。 もっと生徒のために頑張りたい!その気持ちを持ち続け、私も生徒と成長をしています。

一覧に戻る