株式会社筑波進研 採用TOP
筑波進研スクールウェブサイト

創立30年、埼玉県内に33教室を展開、子どもと本気になれる地域塾「筑波進研スクール」を運営

正社員・契約社員 地域No.1を目指し全社員が本気です。

募集要項-応募はこちら

こだわりの教室づくり   小中一貫教育の公立高入試指導   親睦を深める社員交流   本気で向き合う社員の声   未経験者も安心の研修制度

本気で向き合う社員の声

特別授業という名の雑談会から生まれた絆
ある生徒との、衝撃的な出会い
ある小6の生徒がいました。彼との出会いは最初から衝撃的でした。席には座らない、話は聞かない、奇声を発するなど、彼が入塾する前は静かだったクラスが一瞬にしてまるで動物園のようになってしまったからです。正直、このクラスをまとめることに不安と絶望しかありませんでした。

「彼を立派に成長させてみせる!」

そんな中、入塾して半年程経ったときに、彼のお母様から退塾したいとのお話をいただいてしまいました。理由は入塾してから何も変わっていないからとのことでした。お母様と何度も面談を行い退塾は止まりましたが、私の心の中に「彼を何としてでも立派に成長させてみせる」という確固たる目標ができました。
そこで私は土曜日などの空いた時間を使い、特別授業という名の雑談会を毎週行いました。徹底的に話し合い、彼のことを隅から隅まで理解することに全力を注ぎました。また、授業ではその分厳しく躾を指導することをくり返し行っていく中で、変化が見え始めたのは指導を始めてから約半年後でした。私の言葉にも素直に反応してくれるようになり、お互いを知ることは大事だと再認識しました。
写真

生徒のためにいかに頑張れるか
その後彼はクラスのエース的な存在として、他の生徒のお手本となるまでに成長してくれました。 私はあのときの苦労を絶対に忘れずに「生徒のために、いかに頑張れるか」を常に自問自答しながらこれからも生徒達を見守り続けていきます。

一覧に戻る